エイジングケアであの頃の私へ【若返り美容術】

気が付けばあの頃と比べて老け顔に見える・・そんな年齢肌をエイジングケアであの頃へと近づける若返りの美容術体験や知識をご紹介。
MENU

日々のスキンケアを工夫するだけで若返る

見た目年齢はいくつ?

 

どんなに綺麗にお化粧しても、肌の状態が悪いと老けて見られてしまう傾向があります。

 

今日のスキンケアは10年後の肌に影響すると日々考えながら肌を大事にする事で何年後かの肌の状態が変わってきます。

 

毎日毎日スキンケアに何時間も掛けるのは働いている人や家事や育児をやっている人などからしたら時間も無く面倒な事になってしまいます。

 

しかし洗顔方法や化粧水、クリームの仕方をほんの少し変えるだけで肌を若返らせる事が出来ます。

 

私のエイジングケア方法

 

ます、洗顔する時は洗顔料を生クリームのようにモコモコに泡立てます。

 

きめ細かい泡は毛穴の奥の汚れも綺麗に落としてくれます。

 

また、この泡立てた泡の中にベビーオイルを少し混ぜるだけで洗顔後の肌のツッパリ感を無くす事が出来ます。

 

肌い一番良くないのが乾燥なので、なるべく保湿を心掛けるようにします。

 

保湿を意識してスキンケア

 

肌を拭くときはゴシゴシとタオルで擦ってはダメで、ポンポンと肌においていくような感じで水分を拭きとります。

 

化粧水は綺麗な手のひらでパッティングします。

 

手のひらと肌が吸い付くような感じになれば化粧水が肌に浸透したサインです。

 

クリームは付けすぎると毛穴に詰まってしまうので、程よい量を付けて潤いが逃げないように蓋をします。

 

私の場合、化粧水は薬局で安価で手に入るキュレルの化粧水

 

クリームは保湿と年齢対策効果を意識してポーラのアヤナスクリームを愛用しています。
(アヤナスクリームの詳細はコチラ

 

 

この方法でケアを始めてから友人達からもあれ?キレイになった?なんて言われるようになり、凄く嬉しく思えてます。

 

 

 

正しいスキンケア方法で、いつまでも若々しい肌でいられる事が出来ます。

 

このページの先頭へ